TOP / 事業紹介 / 新エネルギー

新エネルギー

バインダー

電気自動車やスマートフォン等の携帯端末に必要不可欠なリチウムイオン二次電池。電池バインダー(電極用バインダー)は、そうした電池の電極構造を維持する役目を担っています。当社の電池バインダー JSR TRD シリーズは、創業以来培ってきたエマルジョン技術を駆使し、数千回の充放電でも電極構造を維持し、電池の長寿命化を実現する電池バインダーとしてご好評を得ています。
  電池の高容量化、高電圧化に合わせて、最適な電池バインダーを提案いたします。
また、昨今、 環境負荷低減ニーズ( NMP溶剤の使用抑制)の高まりの中、JSR TRD シリーズは、負極のみならず正極の製造プロセスの水系化も実現可能としました。
  JSR TRD シリーズは、ポリマー分子量と共重合体組成を最適化し、粒子のモルフォロージとナノレベルでのサイズ制御によって活物質や集電体との密着力を向上させ、電解液親和性のコントロールによって電気抵抗を低く抑えたり、電池材料として求められる特性にも考慮した設計を行っています。

リチウムイオンキャパシタ

ULTIMO®はリチウムイオンをプレドープする技術と独自の設計により、高エネルギー密度、高出力密度を両立した次世代の蓄電デバイスで、大電流の充放電が可能です。
  高い安全性を確保しながら、繰り返し充放電時の高い耐久性、自己放電が小さい、使用温度範囲が広い、といった特徴を持っています。
ULTIMO®シリーズには、セル単体のULTIMO®セル、複数のセルを組み合わせたULTIMO®モジュールがあります。軽量薄型のラミネートタイプと堅牢性に優れた缶タイプのセルと、それぞれのセルを複数組合せたモジュールの提供が可能ですので、お客様のニーズに合わせてお選び頂けます。
  中国の都市発展に伴い建設ラッシュが続いているトラム(路面電車など)、物流倉庫や生産工場の大型化に伴い、需要の伸びている自動運搬車両(AGV、RGV)や電力の補償、安定化装置など、当社先端技術の結晶となるULTIMO®シリーズ製品は、知能社会やスマートファクトリーなどの舞台で活躍しています。