TOP / 事業紹介 / ディスプレイ材料 & 上海技術センター(STC)

ディスプレイ材料 & 上海技術センター(STC)

ディスプレイ材料

液晶ディスプレイ(LCD)は高性能化が進むテレビ・パソコン・携帯情報端末をはじめとする情報電子機器のなかで、きわめて重要な位置を占めるようになっています。当社は独自の高分子技術を活かし、LCD用保護膜・配向膜・顔料分散レジスト等のディスプレイ材料の開発・製品化を通じ、LCDの技術進歩に貢献してきました。
  現在、デファクトスタンダードになっているLCD用各種材料は、JSR独自の最先端材料として高く評価されています。今後も、その技術で日々進化するディスプレイの高性能化や低消費電力化といったニーズに対応していきます。一方、スマートフォンへの有機EL採用やフレキシブル化、タッチスクリーンのパネル内蔵化、テレビの大型化や、高精細化(4K/8K)の要請など、多様化するディスプレイの発展を実現するには様々な新規材料や部材、生産工程への工夫が不可欠となっております。
  JSRは、LCDパネル材料で培った基盤技術や豊富な量産経験を礎として、次世代ディスプレイの分野でも新たな発想を加えたソリューション展開を推し進めて参ります。

彩色LCD基本構造 Liquid Crystal Television

上海技術センター

STC(上海技術センター)は、JSR中国のLCD事業におけLCDパネルメーカーにトータルソリューションを提供するセンターです。
  STCの主な機能としては、
    ①開発協力:共同実験·研究、
    ②材料紹介支持:各種特性評価、
    ③分析支持:不良基板分析、
    ④現場協力:On site派遣です。
  現在クラス1000のクリーンルームを持っており、配向膜の共同観察、プロセス含め各種特性評価、及びCF材の組成検討と評価、サンプル調製機能まで可能です。
  今後ますます拡張する中国のLCD事業に貢献して行きたいです。

建设项目职业病防护设施“三同时”工作公示信息